2010/4/6 火曜日

平台車って何ですか?

ヒトクチに『台車』といっても色々な種類があります。

一般的に『台車』で連想されるのが『手押し台車』。手軽に押せるのが楽。弊社は主に対荷重300kg、静音キャスター・ゴムタイヤ型を使っています。
daisha&pad 手押し台車

『平台車』とは、押し手の無いフラットな板にキャスターが付いただけの台車。 平らな台車。押す際に多少コツが要りますが、一番使い勝手が良いかもしれません。
fcart fcart2 平台車

押し手が無い分、積載寸法の制約が少なく、サーバラックを載せたり、数台を使って大きめの精密機器のキャスター代わりに差し込む事も可能。キャスターで転がすと、破損の可能性がある搬入出ルートの場合にも、機器ごと載せたりも出来ます。
caster_size flatcart_std_use

『油圧台車(テーブルリフト)』は、タイトなスペースの研究室などに、重量のある小型の精密機器を搬入出する際に重宝しています。
daisha_oilp 遵セ醇秩・amp;#181;遵「遵`¼遵ム
積載荷重:500kg、持上げ高:垂直800mm

垂直に800mmまでリフト可能。設置する作業台やテーブルの高さまで持ち上げ、機械を平行にスライドする様に移動できます。紹介記事

『防振平台車』は、昨日まで繰り返し記事にしたので、説明は省略。荷台にエアサス効果を持たせてあります。
flatcart

お客様に、「平台車」とか普通に言っても、業者でなければ、台車の形状の違いを名前では理解できない方も多いと思います。

運送業者にとっては普通のモノでも、お客様が理解できる様に説明できているか、反省。どの業界にもいますよね、業界用語を使いまくって、玄人を気取る人。私はそんなプロにはなりたくありません。

精密機器輸送のプロフェッショナル、エポックトランスポート株式会社です。
◆デリケートな機器の構内搬送用、新兵器!防振平台車◆

にほんブログ村 企業ブログへ
ブログ投票に一票クリックお願いします!

★ブログ王ランキング投票にもご協力ください!

コメント (0)

この記事にはまだコメントがついていません。

コメント RSS トラックバック URI

現在コメントフォームは利用できません。

HTML convert time: 0.100 sec. Powered by WordPress ME