2010/6/28 月曜日

W杯日本の夢の終わり

Filed under: ドライバーの独り言 — 102 @ 21:48:27

テレビやラジオで「ニッポン!」と盛り上がっててもシラケてしまう。

喜びを爆発させる街の様子が流れる度に「本当にそんなに好きなのかよ、サッカー・・・」とシラケてしまう。

学生時代や青春の全てをサッカーに捧げ、『木村和司のFK』、『ドーハの悲劇』、『ジョホール・バルの歓喜』の頃はあれ程熱く日本代表を応援していたと言うのに、どうした事か?

1993ramos go2france

日本のサッカーは見ててツマラナクても、代表の試合は特別だったのに。

小学生の頃、テレ東の『三菱・ダイヤモンドサッカー』、『トヨタカップ』や『’86メキシコW杯』で初めて見た世界のサッカーの凄さ。あの頃はまだ世界のサッカーをテレビで見られる機会は少なく、ワールドカップの様な世界大会はとても眩しかった。

W杯、コンフェデ杯やセリエA等の「世界のサッカーを羨望の眼で観戦する」と、「日本代表チームを応援する」は別の出来事だった。

現在、日本代表チームのW杯出場は夢ではなくなった。そしてワールドカップの舞台で、レベルの違いをハッキリと思い知らされるココ数年間。もうワールドカップが楽しくない。辛い。

以前雑誌の見出しにもあった、「夢の終わり、現実の始まり」。そう、ワールドカップが夢だった時代は終わったのだ。これからは「ワールドカップで勝つ」段階に進んだんだ!にわかサポーターのお祭り騒ぎも、サッカーが根付いた証なのですね。

これで更にサッカーが市民権を得て、環境が整い、優秀な選手が増えていくハズ。やった!

がんばれ日本!

※日本の決勝トーナメント初戦、対パラグアイ戦は明日29日、23:00より!

精密機器輸送のプロフェッショナル、エポックトランスポート株式会社です。

にほんブログ村 企業ブログへ
ブログ投票に一票クリックお願いします!

★ブログ王ランキング投票にもご協力ください!

コメント (0)

この記事にはまだコメントがついていません。

コメント RSS トラックバック URI

現在コメントフォームは利用できません。

HTML convert time: 0.099 sec. Powered by WordPress ME