2010/8/4 水曜日

サーバマウント状態のまま輸送

Filed under: 輸送サービス, 輸送サービス(実例) — 102 @ 14:27:12

4トン・エアサストラックでラックサーバーを運搬しました。

cisco_svイメージです。

「ラックにサーバをマウントしたまま」で運搬したいとの事で、高さ200cmのラックは重量約500kg。ラック用ハンドリフターを使用します。

\é\Ã\¯\ê\Õ\¿¡¼\¢\Ã\× \¹\È\졼\¸Í¢Á÷(イメージ)写真は別案件での作業です。

アンマウント〜マウント作業を省略でき、多くのお客様が感心するこの便利なリフター、ラックの形状やマシンルームのレイアウトによっては使用できません。

rack1 rack2

・キャスターやアジャスターの位置関係
・サイドパネルが下部フレームより下まで突き出ている場合

には注意が必要で、さらに注意点として、

・マシンルーム内等での移動動線
・床が重量物を転がせる仕様かどうか
・段差の有無
・ドア間口やエレベーター間口等

台車やリフターに載せると、全高は高くなります。本体寸法で間口の高さをクリア出来ても、リフター使用時の余裕があるかも確認が必要です。

2mを超える500kg強の箱を直立させたまま移動、少しの傾斜や段差でも対策が必要となります。カーペットも重さでメクレてしまう可能性がありますので、ご確認を。

精密機器輸送のプロフェッショナル、エポックトランスポート株式会社です。

にほんブログ村 企業ブログへ
ブログ投票に一票クリックお願いします!

★ブログ王ランキング投票にもご協力ください!

コメント (0)

この記事にはまだコメントがついていません。

コメント RSS トラックバック URI

現在コメントフォームは利用できません。

HTML convert time: 0.099 sec. Powered by WordPress ME