2010/10/24 日曜日

100V供給したまま輸送できます

Filed under: 輸送サービス, 輸送サービス(実例) — 102 @ 16:43:58

種子島のJAXAまで、水素メーザーを輸送しました。102号車に装備したパワーコンバーターで、AC100Vを常時供給。1,400kmに渡る陸送中は、常時AC100Vを提供出来るのです。

acdc2

このパワーコンバーターでは、周波数特性が機器にマッチしないのと、フェリー乗船中は電力供給をストップする為(エンジンを停止するので)、UPSを接続したまま輸送。

これなら機器への電力入力も安定し、短時間のエンジン停止時でも、電力供給は途切れません。

私が種子島の西之表港に着くと、弊社の4トンエアサス空調(温調)トラックが埠頭にいます。前日に茨城県から種子島へ精密機器を輸送、入れ違いに鹿児島港へ戻るのです。

tane_102401 tane_102401_2

貴重な種子島での2ショット撮影を終え、401号車はフェリーに乗り込みました。船内スペースの都合上、バックで入らされてます!

401_ferry

精密機器輸送のプロフェッショナル、エポックトランスポート株式会社です。

にほんブログ村 企業ブログへ
ブログ投票に一票クリックお願いします!

★ブログ王ランキング投票にもご協力ください!

コメント (0)

この記事にはまだコメントがついていません。

コメント RSS トラックバック URI

現在コメントフォームは利用できません。

HTML convert time: 0.106 sec. Powered by WordPress ME