2011/1/28 金曜日

凍ったハイエースでも安全輸送

寒冷期の精密機器輸送時は、機器を『結露』させない輸送が重要です。特に搬入後に、すぐ設置・始動させる場合は必須事項です。

107sapporo

先日札幌で行ったテスト、最低気温が氷点下9度の深夜、エンジン・エアコン停止後の荷室後部はマイナス7度まで下がりました。

翌朝エンジン・エアコン作動しても、荷室後部の気温が上がり、0度を越えるまでには数時間を要しています。

しかし弊社の精密機器輸送用1トンゲート車は、空調(温度調節)車ほどの厳密な温度管理は出来ませんが、機器を凍結・結露させない装備や方法がありますので、ご安心下さい。

※温度を厳密にコントロールできる訳ではありません。その場合は2t、4t空調トラックをご指定下さい。

snow2 snow

冬でも精密機器を結露させない、エポックトランスポートです。

にほんブログ村 企業ブログ 運輸業へ
ブログ投票に一票クリックお願いします!

コメント (0)

この記事にはまだコメントがついていません。

コメント RSS トラックバック URI

現在コメントフォームは利用できません。

HTML convert time: 0.098 sec. Powered by WordPress ME