2011/4/23 土曜日

被災し機能停止した病院から搬出

福島県郡山市の星総合病院より医療機器を搬出しました。

3月11日の大地震でこの病院は大ダメージを受け、診療機能・入院機能を完全に停止。でも地震当日に星総合病院にいた、入院患者、外来患者、病院関係職員の全員が無事だったそうです。

hoshihp2 hoshihp hoshihp3
渡り廊下が7階から崩落、院内もあちこちに倒壊やヒビ

入院患者さん達は近隣の病院に移転との事。(寿泉堂綜合病院42名、太田西ノ内病院6名、町立三春病院102名、星ヶ丘病院106名)

現在はかかりつけの患者さんへの対応(処方箋など)と近隣施設での限られた診察のみですが、6月1日には診療再開を目指すとの事です。

さらには、地震以前から計画進行中だった『星総合病院建設計画』は、平成25年春オープン予定だそうです!

new_hoshihp

新病棟の建設を、復興のパワーと思いたくなるこの計画。負けるな星総合病院!

精密機器輸送のプロフェッショナル、エポックトランスポート株式会社です。

にほんブログ村 企業ブログへ
ブログ投票に一票クリックお願いします!

日本人は負けない
東北・北関東は必ず復興させる

banner_helpjapan2

コメント (0)

この記事にはまだコメントがついていません。

コメント RSS トラックバック URI

現在コメントフォームは利用できません。

HTML convert time: 0.146 sec. Powered by WordPress ME