防振構造を持つ台車の詳細な解説

※4/19 記事を一部訂正:製品材質について
※2014年4月 記事を一部訂正:消費税額変更による価格変更
※2014年5月27日追記:近日中に仕様変更を予定しております。
※2014年6月16日追記:製品材質、価格を変更。
防振平台車(防振構造/金属球状サスを持つ台車)は、ご紹介当初の黄色パネルの台車に加え、軽重量用は白色系のパネル(テクセル)になりました。全て黄色のパロニアスーパーに統一しました。


軽量用は白色[テクセル(PP)]全て黄色のパロニアスーパーに変更
中量用は黄色[パロニアスーパーHD(PE)]
重量用は黄色[パロニアスーパーHD(PE)]

これが標準サイズ。普通のドア間口であれば余裕で通過できる大きさ。
[上面サイズ]:W840×D540mm(サイズ変更可能)
[下面サイズ]:W900×D600mm(サイズ変更可能)
[パネル材]パロニアスーパー
[フレーム材]アルミアングル

ストッパー付ゴムキャスターです。
キャスター無の平らな底面型も提供可能です。お手持ちの手押し台車に載せて使うなら「キャスター無」をどうぞ。(※押し手付は別途ご相談ください)

ステンレス板(SUS304 CSP-H)をボール状にした部品が金属球状サス、サイドラバーがダンパー効果を発揮。(実用新案取得・特許申請中)
その高い免振効果はJAXAにも認められています。

こんな感じで使います。
路面がガタガタでも、エレベーターや部屋の敷居通過時もショックを感じません。
乗せる機器の重量に注意!
重すぎると潰れ、軽すぎても反発して防振効果はゼロ。必ず仕様の範囲内の荷重で使用してください。範囲外の重量は効果が出なかったテスト結果

研究所等にある防振台の様に、水平レベルがキープされるのではなく、上面パネルはフワフワ動きますので、背が高いモノや重量バランスが悪いモノを載せる際は、この様に固定した方が良いかもしれません。
フレーム枠はアングル材なので、適当な場所にフック付ベルトを掛けられます。この固定でOKならオプションのフックは不要です。
荷締用のラッシングベルトを弊社からお譲りもできますが(1本1,188円/税込)、ホームセンターで適当な物を選んだ方が使いやすいと思います。500円~1,200円位で色々選べますよ。

オプションのフック(1個864円/税込)
フックの分寸法がはみ出すのが意外に邪魔なので、必須でなければおススメしません。
上下のフレーム枠の任意の位置に写真の様に取付可能ですが、各辺センター部はサイドラバーがあるため、ココにはフックは取付できません。
(取付例):ロープ等で特殊な結束をするので上部に8ヶ所。
(取付例):車内で防振平台車を固定したい場合に下部に4ヶ所。

フックの代わりにジグ固定用の穴空け等も可能です(別途お見積もり)。
プレートナットやカシメナットの取付は可能ですが、ヘリサートやタッピング加工は出来ません。

[お詫び画像]
低価格に抑える為に、製作工程を簡略化しているのが分かる部分。
重量物をスライドさせて降ろす場合は引っかかるんですよね、こういう段って。軽量物なら問題無いのですが。
(でも防振効果は間違いありません!)

[お詫び画像2]
ココも製作工程を簡略化しているのが分かる部分。
溶接したいなー
エッジ処理をキチンとやりたいなー
ラバー取付のリベットが嫌
(でも防振効果は間違いありません!)

“Made in Japan”ながらイマイチな仕上げが残念ですが、(メーカーさんゴメンナサイ!)防振効果は確かですので、よろしくお願いいたします。

精密機器輸送のプロフェッショナル、エポックトランスポート株式会社です。
【絶賛販売中】金属球状サス・防振台車
にほんブログ村 企業ブログへ
ブログ投票に一票クリックお願いします!


カテゴリー: 輸送用資材, 金属球状サス・防振台車 タグ: , パーマリンク

防振構造を持つ台車の詳細な解説 への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 防振台車の詳細な写真群(防振平台車) | エポックトランスポート株式会社 公式ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">