素敵だな瀬戸内の島々、鎧、伊予柑(愛媛県)

普段の精密機器輸送の業務の際に、本州から四国入りする場合は、瀬戸大橋か淡路鳴門道を使います。仕事で走る事は無い『しまなみ海道』は、一度はバイクで走ろうと狙っていました。

『しまなみ海道』は、広島尾道と愛媛今治を結ぶ海上ルートで、6つの島を10本の橋で結んでいます。瀬戸内の風景を橋上から眺めながら走ったり、交通量の少ない島旅を楽しんだりできます。(『とびしま海道(別名:裏しまなみ海道)』がもっと素敵と知るも、今回はパス)
 

大三島を一周してみました。


大三島には『大山祇神社』という神社がありました。全く不勉強だったのですが、全国の山祇神社、三島神社の総本社で「日本総鎮守」との事。最重要神社ですね。

山の神、海の神、戦いの神として歴代の朝廷や武将から尊崇を集めた神社。源氏、平家をはじめ多くの武将が武具を奉納し、武運長久を祈ったため、国宝、重要文化財の指定をうけた日本の甲冑の約4割がこの神社に集まっている。(wikiより)
源義経や源頼朝、木曽義仲らが奉納した鎧や大太刀が展示との事、これは寄っておきたい!

宝物館館内は撮影禁止なので・・・。見事でしたよ

中央に樹齢約2600年の大クスが神木として鎮座し、クスノキ群が茂る境内は、「パワースポット」なんて軽々しい言葉が似つかわしく無い凛とした空気。



さて、瀬戸内海ですから、やっぱり魚を食べる。


鯛めしも食べる。これは東予・中予地方の炊き込みバージョン。刺身系の宇和島(南予)バージョンの『宇和島鯛めし』も美味しそうでした。(No Photo)


瀬戸内・愛媛ならでは、柑橘系が至る所に。生絞りジュースなんかを飲むと瀬戸内テンション上がります。


(つづく)

精密機器輸送のプロフェッショナル、エポックトランスポート株式会社です。
にほんブログ村 バイクブログへ
ブログ投票にクリック一票お願いします!


カテゴリー: アド街ック風, ドライバーの独り言 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">