新しく生まれ変わる東京駅に精密機器を搬入

大規模な工事が続く東京駅。一体どんな工事なのかというと・・・

「1914年(大正3年)に創建された東京駅丸の内駅舎は、辰野金吾により設計され、その堂々たる姿で、多くの人々に愛されてきました。しかし、1945年(昭和20年)、戦災により南北のドームと屋根・内装を焼失。戦後、3階建ての駅舎を2階建て駅舎に復興し、現在の姿になりました。
この度の「保存・復原工事」では、外観を創建時の姿に忠実に再現するのはもちろんのこと、さらに、未来へ継承するため、鉄骨煉瓦造の下に地下躯体を新設し、機能拡大の工事を行います。そして、巨大地震にも耐えうる建築とするため、「免震工法」で施工します。」(鹿島建設株式会社のHPより)


こういう流れで・・・


こうなるそうです。

2007年から続いた工事も、今年2012年やっと終わり、立派な駅舎とステーションホテルがお目見えするのは10月。

先日、この完成が近づいた東京駅の施設に、精密機器を搬入しました。



精密機器輸送のプロフェッショナル、エポックトランスポート株式会社です。
にほんブログ村 企業ブログへ
ブログ投票に一票クリックお願いします!


カテゴリー: 作業実例, 輸送サービス パーマリンク

新しく生まれ変わる東京駅に精密機器を搬入 への1件のフィードバック

  1. ピンバック: NEW東京駅完成!弊社も少し貢献 | エポックトランスポート株式会社 公式ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">