精密機器を簡易梱包で安全に固定する

精密機器を輸送する際、弊社は簡易梱包でも、車内での固定時に必要な養生や緩衝材を追加使用し、安全に輸送します。
msk1

カプラー部等の突起物への干渉を避けて、ラッシング(荷締め)ベルトや緩衝材を使用。
msa2

他の依頼分との混載無しのチャーター便ですので、製品の積込や固定は余裕を持って丁寧にできます。ですから、簡易梱包で充分なケースがほとんどです。

トラックが「精密機器輸送用」仕様であっても、荷役等の作業も丁寧にできなければ安全とはいえません。

精密機器輸送のプロフェッショナル、エポックトランスポート株式会社です。
にほんブログ村 企業ブログへ
ブログ投票に一票クリックお願いします!


カテゴリー: サーバ輸送, ロボット輸送, 作業実例, 光学機器輸送, 医療機器輸送, 理化学機器輸送, 精密機器その他, 輸送サービス タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">