YAGレーザー溶接機を輸送した事例

精密機器輸送用のエアサス空調(荷台エアコン)・パワーゲート付きトラックでYAGレーザー溶接機を輸送しました。

202side

弊社はチャーター輸送のみで、混載(複数の荷主の荷物をまとめて積む事)はしませんので、無理なく丁寧に作業できます。

sws1

木枠梱包等の無い裸の機器でも問題ありません。その場合は、弊社がエアキャップ等で簡易梱包を施し、庫内固定時に干渉マット等を適宜使用し、安全に輸送します。

sws2 sws3

搬出搬入場所からトラックまでの移動時や、荷役作業時にも細心の注意を払い、丁寧に作業します。むしろココが一番慎重さを求められるトコロです。

トラックの装備も重要ですが、作業する人間の気配りや丁寧さが、精密機器輸送の際には一番重要だと思います。

精密機器輸送のプロフェッショナル、エポックトランスポート株式会社です。
にほんブログ村 企業ブログへ
ブログ投票に一票クリックお願いします!


カテゴリー: 作業実例, 精密機器その他, 輸送サービス パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">