九州ツーリングのオススメ(由布院)

(精密機器輸送と関係無い記事part3/5・九州ツーリングのご参考に)

別府から阿蘇へ向かう途中に通る由布院(湯布院)。さすがオシャレです。
DSC07167 (640x480)

湯布院ICのすぐ近く、看板代わり?に停められた、昭和デコレーションな1972FLHサイドカーに目を引かれるとそこは、マニアには有名な『岩下コレクション』。
DSC07214 (640x480)
(館員によるとこのFLH S/Cは入荷後メンテ前で偶然置いていたとのこと)

入館料600円を払い館内に入ると、1階は昭和のレトロ展示コーナー。これが尋常じゃない密度のコレクション。(しかも撮影自由!)
oldjapan iwst2

何故か高倉健の展示が充実してるのを笑いつつ(好きなんでしょうね)、バイク展示の2階へ行くとこれまたスゴイ。

DSC07190 (480x640) honda1st jpnbikes DSC07191 (480x640) fordcar germanbikes hd usbikes britishbikes italianbikes ducatiapolo

HONDAの1号車やCB750FOURやメグロあたりにとどまらず、本当に世界中のオートバイがありました。

アメリカ(H-D/インディアン)、ドイツ(ツェンダップ/BMW)、英車(トラ/ノーtン/BSA/ベロセット/ブラフシューペリアetc.)、イタリア(ドゥカティ/モトグッチ/ラベルダ)、アマゾネスまであるのか……と関心していたら、世界に1台しか存在しないDUCATI APOLLOまである!

バイク好きなら立ち寄って損はありません。撮影フリーも嬉しい。ガッカリスポットかもという不安は杞憂に終わります。惑わされずに行くべき!

バイクで来た人は撮影されて、館内の『来館者フォトアルバム』に加えられるので、ファッションや髪型は決めていくのを忘れずに!知らなかった私は失敗(汗)

(つづく)

本業はコチラ→精密機器輸送のプロフェッショナル、エポックトランスポート株式会社です。


カテゴリー: アド街ック風, ドライバーの独り言 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">