プローバ、測定器、スパッタ装置を輸送

某企業のプローバシステムや測定器(Agilent)やスパッタ装置を敷地内移設しました。(No photo)

クリーンルームに設置してある装置群を、同じ敷地内の別のクリーンルームへ移設する作業でした。精密機器輸送用2tエアサストラック2台で作業員は8名(ドライバー2名含む)

メーカーのサービスマンが分解した装置を梱包してクリーンルーム用の台車で運び出します。(クリーンルーム内に粉塵を持ち込まないように対策した台車)

トラックに積んで目的のルーム前に移動し搬入。前室で梱包を解き、念のため拭き上げてから搬入します。

搬入搬出する両クリーンルームでは、作業員は当然クリーンスーツ着用。これからの季節はこれが暑い!重量物を持つのに作業手袋が使えず、素手やビニール手袋なのも辛い作業です。

と、一汗も二汗もかきながら無事作業完了。企業側の担当の方から、わざわざ運送業者の我々にも労いの言葉を頂き、おそらく今回の作業にご満足頂けたのかな?と疲れも半減したのでした。

精密機器輸送のプロフェッショナル、エポックトランスポート株式会社です。


カテゴリー: 作業実例, 理化学機器輸送, 輸送サービス タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">