4200×1500の光学テーブルを移設

光学テーブルを移設した事例です。
(W4200mm×D1500mm×t-300mm、重量1200kg)

設置部屋のドア間口が1200mmで、そのままでは搬出できません。
定盤と防振フレームを分離して、定盤を立てて搬出します。
(元々防振エアダンパーのチャンバー破損を防ぐ為に分離は必要でしたが)

室内に門型クレーンを組んで分離、立ち上げます。
20151015-232247.jpg

慎重に室外に出して・・・(4m超えなので、曲がり角の切り返しも慎重に)
20151015-232310.jpg

ユニックで積み込みます。
20151015-232323.jpg

重さが200kg位ならば、作業員数名の人力で作業できるのですが、1トン超だとそうもいきません。

弊社にはユニック車が無いので、信頼している協力会社に手伝って貰いながらの作業でした。

●精密機器輸送のプロフェッショナル、エポックトランスポート株式会社のサイトへ
●作業や車両写真集(Facebook)
にほんブログ村 企業ブログへ
ブログ投票に一票クリックお願いします!


カテゴリー: 作業実例, 光学機器輸送, 輸送サービス タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">