防振平台車(金属球状サス型)の振動テスト

防振平台車(金属球状サス型・荷重50kg仕様)の簡易振動テスト。
スリック製の加速度センサー『G-MEN』を2個使用して、路面の荒れた駐車場を転がしました。



2個のセンサーの内1個は防振効果が無いロワー部、もう1個は防振効果が効くアッパー部に。荷台部や荷物でテスト。

防振平台車は設定した荷重より重すぎると潰れ、軽すぎると全く防振効果がありません。簡易的にホイール付タイヤ(1本20kg)を積んで、60kg/40kg/20kgの異なる荷重でテスト。



下の2枚の添付画像は上下方向の加速度を測ったもの。左が防振無し、右が防振有りです。

地球の重力として常時1Gを読み取っています。

「50kg仕様」に対して、60kgと40kgはまずまずの効果を発揮していますが、20kgでは効果的では無いのが見て取れます。

通常なら12~14Gもの上下への加速度、防振効果(球状サス)がある面では2Gです。ただし、設定荷重から大きく離れた20kg荷重では7~8Gもの動きがみられます。

防振平台車での作業リクエストや、ご購入の際は積載物の重量を必ずご確認下さい。

精密機器輸送のプロフェッショナル、エポックトランスポート株式会社です。
【絶賛販売中】金属球状サス・防振台車
にほんブログ村 企業ブログ 運輸業へ
ブログ投票に一票クリックお願いします!


カテゴリー: 輸送用資材, 金属球状サス・防振台車 タグ: , パーマリンク

防振平台車(金属球状サス型)の振動テスト への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 防振構造を持つ台車の詳細な解説 | エポックトランスポート株式会社 公式ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">